肌にやさしい生活リズム、これだけは守りたいBST3

■きれいを保つ心の持ち方
肌にやさしい生活習慣

肌にやさしい生活を心がけていますか?
きれいな肌を保つためには、生活リズムも大きな要因の1つです。

季節の変わり目は、肌トラブルが多発します。
今から生活のリズムを整えて、健康な肌で秋に備えたいものです。

そこで負担が少なく、誰でも簡単にできることを3つあげてみました。

ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓  ↓
 
人気ブログランキングへ
■睡眠をしっかりとる
睡眠は最初の3時間以内に成長ホルモンが分泌されます。それによって肌の細胞分裂が起こりますので、健康な肌を作るのには最低6時間が必要といわれています。

睡眠が大切なのは十分わかっていることですよね。でも、こういった肌の再生は毎晩のことですので「寝だめ」で遅れた分の再生を取り戻すことはできません。
なので私もそうですが、毎日6時間の睡眠を取るほかなさそうです。

余談ですが私の友人は洗い物や片付けものをする時、キッチンタイマーを15分おきにならすそうです。
そうすると、何にどのくらいの時間がかかっているかがわかって、計画を立てやすいんですって。
ちょっとした工夫ですね。

■バランスの良い食生活
野菜や豆類、海藻類などで、ビタミンやミネラル、たんぱく質など必要な栄養素をバランスよく摂る。
特に夏に浴びた紫外線で増加している活性酸素を除去する、緑黄色野菜や淡色野菜でビタミンを、豆類でポリフェノールなどもたっぷり摂るように心がけましょう。

特に無理なダイエットはカラダに支障をきたし、すぐに肌へ影響します。
肌にやさしい食事は低カロリーなものが多いですので、必要最低限の栄養を摂りましょう。

■ストレスをためない
人それぞれ発散方法は違うと思いますが、女性の場合アロマでリラックスしたり、ゆっくりお風呂につかるなどの意見が多いようです。
また、カラオケやショッピング、旅行などもストレス発散の方法ですね。

スポーツも1つの方法なのですが、スポーツクラブに通っていたり、趣味でテニスやゴルフなどをしている人意外はスポーツってしないですよね。
なので、手軽にできるジョギングやウォーキングってことになります。

そこでプチ情報を1つ。
読書に集中すると、横隔膜の運動が活発になって肺が鍛えられるので、軽い運動の効果があるそうです。
最近はタブレットやスマホなどで電子書籍を利用している人も多いことでしょう。
お気に入りを1冊入れておくと、出掛けるときにも荷物にならず、ちょっとした時間を利用して読書を楽しめると思います。



こうして挙げてみると、あたりまえのことばかりですが、毎日意識することって、食事のことくらいではないですか?
肌にやさしい環境は自分で作る努力も必要です。
時々これを思い出して、自分の生活リズムのチェックをしてみてはいかがですか?

ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓  ↓
 
人気ブログランキングへ
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿