糖化にハーブティーで立ち向かう

こんがり焼いたトースト、おいしそうだと思いませんか?

実はこのこんがり、これが糖化の現象で、同じ状態が肌やカラダに起こります。

パンがこんがり焼けると表面が固くなりますよね。それと同じで、糖化が肌の弾力を奪ってしまう現象、つまり、糖化は肌を焦がすのです。

前回は、糖化を予防する食材としてAGFsの生成を抑える緑の野菜を紹介しました。
糖化の記事はこちらでです。→老化の原因は酸化だけじゃない。糖化もあるそうです。

今回は食前のフルーツと食後のハーブティーで糖化を予防する方法をご紹介します。
食前と食後に習慣にして、老化の敵、糖化に立ち向かいましょう。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

まず、食前にフルーツを食べます。

糖化の予防には柑橘系のフルーツが良いそうですが、特にグレープフルーツに効果があるようです。

グレープフルーツに含まれる食物繊維が、糖の吸収を抑える役割をします。
食前に食物繊維を摂ると、食べ物に含まれる糖が食物繊維に絡まって体内に吸収されにくくなります。

なので血糖値上昇のスピードを緩やかにすることが出来るのです。

また、ビタミンCにも糖の吸収を抑える働きがあります。ビタミンCが豊富なグレープフルーツは生で食べることができるので、ビタミンCを壊すこともありません。

朝食はトースト1枚、という人って多いと思います。そう言ってる私もそのタイプです。
トーストの前に、グレープフルーツを食べるっていうのもいいかもしれませんね。グレープフルーツは半分に切ってスプーンでも食べられますので、手間もかかりません。

次に、食後にハーブティーを飲みます。

ギリシャ語では大地のリンゴとよばれているカモミールのハーブティーに効果があるようです。
カモミールの成分、カマメロサイドに糖化を抑える作用があると言われます。

もともとカモミールティーはリラックス効果が高いので、食後に飲むことでストレスを解消することもできます。
ストレスも糖化に拍車をかけますからね。
カモミールティーでリラックスして糖化を防ぐ、ダブル効果をねらいましょう。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

アラフィフ管理人おすすめプラセンタです

スノーヴァプラセンタエイジングリペアプラセンタ100
      
→芸能人御用達、スノーヴァプレミアムプラセンタを試してみた→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→上No.1!伝説のプラセンタ、プラセンタ100を試してみた 

関連記事

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加