ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

私は白髪を染め始めてから、髪のうねりが気になるようになってきたんですね。

でも、「年だから、白髪が増えてくるのは当然だし仕方ないかぁ」では済ませたくない。

そんな時、美容ブロガー交流会で提供していただいた、フラーレンのダブル配合で注目のビューティーモール「ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント」。

これ、マジでスゴイ!!

1度使っただけで、髪がサラサラ!

と言っても過言でないほど、以前の髪質にもどった気になりました。

この感動を、続きでお伝えしたいと思います。

ダブルフラーレンで髪がサラサラ!
 ビューティーモール シャンプー&トリートメント




ご訪問いただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!


アンチエイジングランキング

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

私は、この何年かで髪のうねりを感じだしたんですね。

原因は、髪や頭皮の老化。

特に白髪は、不足したメラニン色素分に空洞ができることでうねってしまうそうです。

あらゆるところに、老化現象が起こっているですネ・・・悲しい(;へ:)


それが、それが!

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメントで、

たった1回で、

髪がサラサラになりましたー!!


フラーレンは、老化防止紫外線防御などが期待できる成分。

ノーベル賞を受賞しているほどの、世界的にも注目の成分なんです。


そんなフラーレンを、ダブルで配合!

そして、ビタミンC誘導体の中でも最高峰と言われるAPPSを黄金比率に、シルク系コラーゲン高タンパクPPTなどが高濃度で配合されています。

それはそれは贅沢な、贅沢なシャンプー&トリートメントです。


パウチから出したシャンプーは、ややねっとりした感じ。

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

特別キツイ香りはないんだけど、葉っぱ系のハーブのような?

表現が難しいけど、森林のような爽やかな香りがかすかにします。


洗っている最中ずっとしっとりしていて、まるでトリートメントで洗っているみたい!


「おぉ〜〜、めっちゃいいやん♪♪」

機嫌良くすすぎだしたら・・・。

ほんの少しなんだけど、きしんだ感じがあったんですね。


でも髪が絡まるとか指が通らないとかではなく、キュキュッと洗った感じ。

髪が傷みそうなきしみではないから安心^^。


そんなことを思いながら、トリートメントを使用。

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

さっきのきしみはどこへ行ったのかと思うほど、しっとり。

まるで水分を一気に含んだように、ずっしりした重さまで感じてしまいました。


そしてドライヤー後の感動!!

昨日までブローしても所々うねりがあった髪が、サラサラなんです。

ストンとした、ストレートヘアに見えるんです。

これは、マジ感動しましたよ〜。

「本品が欲しい!!」って思いましたからね^^。


ただね、本品は私にとってちょっと高価・・・。

シャンプー300mlと、トリートメント250mlのセットが¥17,280円(税込)なんです。

すぐに、買おうと決断ができるお値段ではありません。

でも、シャンプーのサンプルパウチ↓

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

トリートメントのサンプルパウチ↓

ダブルフラーレンシャンプー&トリートメント

このセットが3包のお試しがあるのです。


ダブルフラーレンシャンプー&トリートメントのセット×3包なら、500円!(税込)


しかも、シャンプーもトリートメントも、結構な量が入ってるんです。

ロングヘアの人が、1包で2回使えたという口コミを見たので、私も最初は2回に分けて使ったんですね。

でもショートの私には、これでも多いような気がしたんです。


なので、2回目の時は3回に分けて使ってみたら、泡立ちも十分。

トリートメントも、ちょうど良い量でした。


ということは、3セットで上手くいけば9回分もあるんですよ!

使ってみる価値のある、シャンプーとトリートメントです。

詳しくは、公式サイトでご覧くださいね!

ダブルフラーレンで髪がサラサラ!
 ビューティーモール シャンプー&トリートメント







最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!


アンチエイジングランキング

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加