過剰な紫外線対策は足腰フラフラ病を招く

ためしてガッテンの前回のテーマは、
「あるビタミン不足で女性の2人に1人が、足腰フラフラ病になる」

ご覧になった人も多いでしょうが、簡単に紹介させてくださいね。

過剰な紫外線対策でビタミンDが不足して、脚の筋肉のバランス機能が低下してしまうらしいのです。

それは高齢者だけでなく、赤ちゃんにまでビタミン不足の影響でけいれんを起こしたケースがあったそうです。

ご存じの通り、ビタミンDは紫外線によって合成されます。
ところが過剰な紫外線対策をしているために、ビタミンDが不足している人が多いというのです。

確かにUVケア、美白と、シワやシミを作らないように、徹底して紫外線防止に励んでいますよね。

しかし!
これについては、賛否両論があるのです。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加