モリモリスリム

今まで何をしてもダメだった、長年の悩みが解消した、ぽっこりお腹が凹んだ、などの口コミがたくさん寄せられている、便秘に効くと言われるお茶【モリモリスリム】。

私もどちらかと言えば便秘症なので、どれほどスッキリするのか試してみました。

結論から先に言うと、飲んだ翌朝からスッキリ。
びっくりするくらい出た(笑)。

ただ、自分に合った飲み方を見つける必要があると思います。

では、続きで詳しく書きますね。

200万箱突破記念!モリモリスリムお試し5包が380円♪


ご訪問いただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 にほんブログ村


まず、モリモリスリムの原材料はから

モリモリスリム

ゴールデンキャンドルが配合されています。キャンドルブッシュとも呼ばれています。

私が便秘に効くと言われるお茶を飲んでいたころは、センナが多かったけど、最近はこれが主流になっているようですね。サプリに配合されているのも、よく見かけます。


ゴールデンキャンドルは、便通を促進する作用があるセンノシドという成分が含まれています。

ポリフェノールの1種であるタンニンも含まれていて、抗菌作用や抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働き。

そして血管を拡張する働きがあるフラボノイド。動脈硬化や脳梗塞に効果的と言われています。


効能としてはすごく期待できるし、気持ちいいほど効いたのですが、飲み過ぎると効き過ぎます。

なのでお茶の濃さを調整すれば大丈夫だと思います。


飲み方は、大きめのカップにティーバックを入れて250cc前後の熱湯を注ぐ。または、1リットルのお湯を沸かして沸騰したらティーバックを入れて3分煮出す。

この2つの方法があります。

ティーカップで作ると、かなり濃いお茶になるんです。

モリモリスリム

左がティーカップ、右が1リットルのお湯で煮出したものです。色が全然違いますよね。

1週間とか10日もスッキリしてない場合はティーカップでいいと思うけど、最初は1リットルのお湯で作る方がオススメ。

そして、3分煮出したらティーバックはすぐに取り出す。お湯も1.2〜3リットルあってもいいかもしれません。


私は1.3リットルのお湯で煮出しましたが、翌朝すごく自然にお通じがありました。ホント、気持ち良いほど出ましたw。


ゴールデンキャンドルでお腹が痛くなったという口コミを見かけますが、それは効き目があるようにと思って、濃いものを飲み過ぎたって場合も多いんじゃないかなって思います。

もちろん効果には個人差があるので、そればかりが原因ではないでしょうけどね・・・。


もし、薄めに作って効き目がなければ、少しずつ濃くするように調整していけば、気持ち良くスッキリすると思いますよ^^。

自分に合った飲み方さえわかれば、クセもなく、すごく美味しく飲めます。そして、出た(笑)。


コクのある、ほうじ茶の味。

モリモリスリム

やっぱり日本人だな〜って思ったんですけど、ご飯の時はほうじ茶が美味しい♪

食後にも飲んで、後味がスッキリします。


ティーバックがひとつひとつ個別包装されているので、いつでも新鮮な風味が味わえます。

モリモリスリム

旅行とか、環境が変わると便秘になりやすいって言うから、持ち運びしやすいことも◎。どこへでも持っていけて便利です。


薬ではないので安心だし、自然の植物が原料なので、クセになることもありません。

上手に付き合っていけば、長年の悩みが解消されるかもです^^。


モリモリスリムは5包入りの、5日間スッキリ実感セットが今なら380円(税別)。送料無料です。


もし、5日間じゃ少ないと思ったら、1箱30包入り、3,200円(税別)がおすすめ。

これには「後払い+10日間返品保証制度」があるんですね。


まず、商品が届いたら10日間、自由にお試しをします。

もし気に入ったら、同封の振り込み用紙でお支払いをする。

逆に合わなかった場合は、10日以内にフリーダーヤルへ返品の電話を入れる。

返品時の送料はかかりますが、このシステムなら安心してお試しができると思います。

詳しくは公式サイトをごらんください。

200万箱突破記念!モリモリスリムお試し5包が380円♪




最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加