酸素化粧水

配合されているのは「酸素」「水」だけ。

AJPの酸素化粧水は、シンプルすぎるほどシンプルな成分でできた化粧水です。

水と酸素がなければ私たちは生きていけないと同時に、水と酸素がなければきれいになれない。

100%無添加・自然派化粧品のAJPだから、この発想が生まれたのかもしれません。

価格もとってもシンプルなんですよ!

完全無添加~自然派化粧品のAJP


ご訪問いただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 にほんブログ村
お肌は酸素を取り込むと血行が良くなって、新陳代謝も活発になります。炭酸美容の原理ですよね。それを炭酸を使わずに、酸素と水だけを使った化粧水。

なんだか保湿力がないように感じる。。。と、最初は不安な思いでしたが、全然大丈夫!メッチャしっとりします!!

水と酸素だけでこんなに潤うの?って感じです。

成分表はこちら ↓
酸素化粧水

ね、水と酸素だけでしょ?


みなさん経験があると思いますが、顔やを洗った後、自然乾燥させると水分が蒸発して乾燥しますよね。あれは水道水にいろんなものが混ざっているからなんですよ。

酸素化粧水の水は、普通の水ではありません。

活性炭でろ過した後に、PO膜と呼ばれる逆浸透膜でさらにろ過してるので、まったく不純物が入っていないそうです。しかも、分子がめちゃめちゃ小さくなっているので、お肌にとけるように浸透するという、不思議な水。

シュッシュッと吹きかけるとスゥーっと浸透して、しばらくするとしっとり。ホント不思議なくらい。

酸素化粧水

塗ると言うよりも、浴びる感じです。


ただこのしっとり感は、酸素も入っているからなんですね。

さっきも言いましたが、酸素がお肌に取り込まれると、毛細血管の血行が良くなります。同時に新陳代謝も活発になるので、年齢と共に遅くなってくるターンオーバーも正常になるのです。

でも一般に販売されている酸素水は、開封すると酸素が抜けてしまうのですが、AJPは気液混合技術を使って高い酸素濃度が守られるそうです。

これは日本が誇る世界最高レベルの科学技術なんですって!


私のお気に入りの使い方は、先日ご紹介した「ワイルドシルクパウダー」と混ぜて使う方法。

ワイルドシルクパウダーのレビューは、こちらをごらんくださいね。
→野蚕(やさん)だから肌が育つ!AJP【ワイルドシルクパウダー】


先に酸素化粧水を手にとってから、ワイルドシルクパウダーを加えます。

スプレーの勢いがあるので順番を逆にすると、パウダーが吹っ飛んでしまうので注意してくださいね。

ワイルドシルクパウダーは、2回くらいトントンと底をたたいて出てくるくらいの量で十分。少しで大丈夫です。

酸素化粧水

両手のひらを合わせてパウダーを溶かしたら、乾燥が気になる部分からつけます。

酸素化粧水

それからもう一度、顔全体に酸素化粧水を拭きかけます。

ワイルドシルクパウダーを使わい場合でも2回吹きかけると、よりしっとり感が得られますよ。

このあと、手持ちの美容液やクリームを塗ってスキンケア終了です。


ひとつ注意したいのは、防腐剤も科学的な成分も含まれていないので、使用期限があること。

ボトルの底に、製造年月日が記載されています。

酸素化粧水

製造日から6ヶ月が使用期限になります。と言っても半年あれば、十分使い切れますけどね。


そして、リーズナブルさも魅力。
150ml入りで 通常 3,394円なんですが、特別会員価格なら 1,697円(税込)

商品を注文する時に、簡単なアンケートに答えるだけで特別会員になれるので、ぜひこの制度を利用してね。化粧水以外の商品も、特別会員価格です。


化粧品を選ぶ時、保水力や保湿力の高い成分のものを選んでいたけど、こんなにシンプルな化粧品でも、本当にお肌に必要な成分があれば、満足できるんだと思った化粧水でした。

水と酸素のチカラはすごかった!

完全無添加~自然派化粧品のAJP
完全無添加、自然派化粧品のAJP


【追記】
マカダミアナッツオイルのレビューをアップしました
ブースター使用で化粧品の吸収を助けるAJP【マカダミアナッツオイル】


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

ランキング参加してます。
応援していただけると うれしいです!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加