グリーンスムージー

今日もすでに33℃、本格的な夏に突入しましたね。
暑さで食欲がないなんて人も多いのではないでしょうか。

そんな時はグリーンスムージーで栄養補給しませんか?

先日「あさイチ」でも紹介されていましたが

夏バテ防止のグリーンスムージーレシピを紹介したいと思います。


いつも応援ありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

夏バテ防止対策として「あさイチ」で紹介されたグリーンスムージーレシピは

バナナ 1本
キウイ 1個
パイナップル 1/4個
パセリ 1/2パック
水 1カップ程度 です。

野菜がほうれん草とかではなく、パセリにしたようですね。


パセリには、カリウムを補う働きがあります。
夏場は汗をたくさんかくのでカリウムが不足してしまうのです。
すると、カラダが水分を溜め込んでむくみの原因に!!
カリウムが豊富なパセリは、夏のグリーンスムージーにぴったりです。

また、キウイにはご存じの通りビタミンCが豊富に含まれます。
カラダの免疫力を保つのにも必要なビタミンCは、
気温が高いと失われる傾向にあります。

パイナップルのビタミンBは代謝アップに働きます。

定番のバナナですが、夏はアイスやジュースなどで
糖質を摂りすぎてしまいがちです。
糖質の代謝にはビタミンBを失いやすくなります
なので、パイナップルやバナナなどのフルーツで
糖質を摂る方が理想的とされます。


グリーンスムージー飲んでみたいけど、パセリ苦手〜〜〜って方、
たぶん大丈夫だと思いますよ。

バナナやパイナップルの甘みとキウイの酸味で
ほとんどパセリ独特のクセは消えています。

見た目の色で遠慮しときます。。。と思う人がいますが
苦みなどはほとんど感じませんから^^。美味しいですよ=。


ところで「ソラレン」という物質をご存じですか?

以前も記事にしたことがありますが、

柑橘類やパセリ・キウイ・クロレラなどに含まれる物質で
わずかな紫外線でも強く作用して、シミを作りやすくしてしまうのです。

こちらの記事を読んでくださいね。
そばランチを食べるとシミができやすくなる?
グリーンスムージーの朝レシピ

もし美白や紫外線対策をしているなら、
このレシピのグリーンスムージーをお出掛け前には飲まない方が良いかもしれません。

でも、ソラレンは数時間で代謝されますので、夜摂るなら心配はいりません。


なので夏の間は、夜にグリーンスムージーを飲むのがいいかなと思います。

お風呂上がりにさっぱりしたグリーンスムージーもおすすめです。


夜のグリーンスムージーには、あと1つか2つ ビタミンCのフルーツや野菜を加えてもいいですよね。

そうすれば、お昼間に浴びた紫外線の対策にもなりますし、
夏バテも防止できて、一石二鳥♪

グリーンスムージーぜひお試しください!


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン 


【関連記事】
カラダの中からあふれる元気!フィネス黃酸汁 サジー
グリーンスムージーでプチ断食中
グリーンスムージー ダイエットってホントに痩せる?
無農薬野菜・有機野菜が高い理由、おいしい理由
老化の原因は酸化だけじゃない。糖化もあるそうです。


必須アミノ酸は豚の296倍、馬由来のプラセンタ

プラセンタファインエイジングリペアプラセンタEX100
      
→プラセンタファインは贅沢な純度100%の馬プラセンタ→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→アミノ酸300倍の含有量、プラセンタEXを試してみた 
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加