首こり肩こり

「ほうれい線を消したい!」
30代後半からの女性に多い悩みですね。私もその一人です。

でも統計で見ると、ほうれい線がある人、できる可能性の高い人は
首こりや肩こりが原因になっている場合が多いそうなんですよ!

と言うことは。。。
首こりや肩こりを解消すれば、ほうれい線も目立たなくなるかも??

そこで、今日はこりとほうれい線の関係と
簡単にできるストレッチをご紹介したいと思います。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

首こりや肩こりが、なぜほうれい線に関係するのでしょうか。

それは、頭から顔、顔からカラダの筋肉は全部つながっているからです。

首や肩がこると、もちろん筋肉も固くなってきますね。
それに連動し顔の筋肉まで固くなってしまいます。

そもそもコリは、筋肉の中に老廃物が溜まって血液循環が悪くなり
筋肉が固くなっている状態のことです。

なので血流をよくなるように、顔やカラダの筋肉をほぐして
首こりや肩こりを解消することが肝心だそうです。


でも、こりって、一度マッサージしても
PCに向かいすぎたり、同じ姿勢でいたりするとすぐにこってしまいますよね。

なので「あ〜〜、肩こった〜〜」と思った時にほぐす習慣をつけることが大切かと思います。


では、簡単にできるストレッチをご紹介します。

1)肩を前にゆっくりぐるぐると回します。
2)次に後ろに回します。
3)交互に3〜4回繰り返します。


これだけw
すごく古典的な方法なので、覚えやすいでしょ?


これは、「首らくらくサポーター」の考案者である
カサハラフットケア整体院院長の、笠原先生がおすすめしている方法です。

首らくらくって?と思った方はこちらの記事を読んでくださいね。
→二重あご 解消、首もスッキリ♪首らくらくサポーター

これは肩を回すことで肩のこりをほぐすと同時に、
首のこりもほぐす効果があるそうです。

よく首を回す人がいますが、
かえって首を痛めてしまうことがあるので、注意してくださいね。


さて、首こりや肩こりが軽くなったら、次はアゴの筋肉を強化しましょう。

アゴの筋肉を鍛えることで、ほっぺたのたるみを防ぐことができます。

1)のどを伸ばすようにアゴを突き上げて上を向きます。
2)「う〜」の口をする→5秒間
3)「い〜」の口をする→5秒間
4)2〜3回繰り返します。


これも簡単ですよね^^。

ややこしいと長く続きませんので
最初は簡単なことから始めてみてくださいね。


ちなみに、アゴはよく噛むことでも鍛えることができます。

こちらを参考にしてくださいね。
→顔のたるみ、生活習慣も見直しましょう

一口ごとに5回多く噛んだとしたら、
1回の食事で計算すると、何百回になりますからね。

それによく噛むことは、老化防止にもなります。

「その日のこりは、その日のうちに」がベストですね。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


必須アミノ酸は豚の296倍、馬由来のプラセンタ

プラセンタファインエイジングリペアプラセンタEX100
      
→プラセンタファインは贅沢な純度100%の馬プラセンタ→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→アミノ酸300倍の含有量、プラセンタEXを試してみた 

関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加