紫外線

おそば、美味しいですよね〜。

寒い季節は、温かいおダシでカラダも温まるし
暑い夏に食欲がなくても、おそばならズルっと食べられますよね。

ランチの定番にしている方も多いのではないですか?

でも、おそばがシミの原因になる可能性があると言うのです。

おそば、食べない方がいいの??

シミ退治をしている私にとってはショックな事実でしたが、
ご安心下さい。

おそばを食べてはいけないのではなくて
食べるタイミング、時間が重要なようです。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

おそばにはそば粉が原料になっていますが、
そのそば粉に、意外な成分が含まれているのです。


「ソラレン」って聞いたことありますか?

これは、光毒性物質といって
紫外線の吸収を高める性質があります。

ソラレンがカラダの中に入ると、
少しの紫外線にも反応して日焼けしやすくなるんだとか。

紫外線を吸収しやすくする性質があって
肌に水疱ができたり、色素沈着を起こす可能性があるんだそうです。


なので、おそば=シミというわけではありません。


ただ、食べるタイミングが重要なのです。


では、いつ食べたらいいのかということになりますね。

ベストは夜です。

なぜならソラレンは体内に入って、7〜8時間、
眠っている間に代謝されるからです。


でも朝やお昼は、紫外線に当たる可能性が高いですよね。

まして紫外線のピークは、10〜14時頃といわれます。

なので、ランチにおそばを食べるとシミになりやすいので
注意しなければいけないということです。


よく考えると12時前後って、日差しが強いし日陰も少ない時間帯ですよね。

お昼の休憩時間は日傘とか持って行かないし
バリバリ紫外線に当たっている気がします。

どうしても食べたかったら、
紫外線対策をバッチリ整えて行く必要がありそうですね。

それと、そば粉にソラレンが含まれているので
安いおそばならそば粉少ないし、大丈夫なのかな〜なんてことも考えましたが
危険をおかしてまで食べるのはやめとくことにしましたw


もうひとつ注意していただきたいことがあります。

おそばだけがシミになりやすいのではなく、
他にもソラレンが多く含まれている食べ物はあります。

ビタミンCが豊富なものに、ソラレンも多いようなのです。

代表的なものは
レモン・オレンジ・ライム・セロリ・パセリ・キュウリなどです。
意外だったのは、野沢菜にも多いことです。野菜なのにね。

朝食にも気を使った方がいいかもしれませんね。


でもね〜、まったくやめるってわけにもいかないですよね〜。

まぁ、知らないよりは知っておいたほうがいい。
意識だけでもしておいた方がいいかなって感じです。


ちなみに柑橘類は皮と果肉の間にソラレンがたくさん含まれています。

皮ごとレモンをギュっと絞った後はしっかり手を洗って、
果汁が手についたままってことは避けた方がいいみたいです。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


プラセンタには美白効果もあり!

プラセンタファインエイジングリペアプラセンタEX100
      
→プラセンタファインは贅沢な純度100%の馬プラセンタ→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→アミノ酸300倍の含有量、プラセンタEXを試してみた 




関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加