お箸の使い方

昨日は取引先の方を接待、割烹へ行ってきました。

和食が大好きな私は、接待といえど楽しみにしていたんです。

取引先の方はいい年したオッチャン(私よりちょっと若いケド^^;)。
なのに、お箸の使い方がなってないんです。

だんだん不快な気分になって、途中で食欲がなくなってしまいました。

楽しく食事をするには、完全でなくてもある程度のマナーは身につけておきたいですね。

4月は色々なことが、新しく始まる月。
食事会に参加する機会も増えるかもしれません。

なので、お箸のマナーについて調べてしました。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
昨日の方は、器を箸で自分の方へ動かしたり
お話に夢中になってお箸を振り回したり、お箸を置かないのです。

やっと置いたかと思ったら、妻楊枝でシーシー。。。

その方への印象が悪い方へ変わってしまいました。

そんなことをするように見えないので、ギャップが大きかったのかもしれません。

お箸の使い方ひとつで人の印象が変わることもあるんですね。
自分もそうならないように、気をつけなければいけませんね。


和食のテーブルマナーには「嫌い箸」といって、
同席者を不快な気持ちにさせる、してはいけないお箸の使い方があります。

しかもすごくたくさん。

え〜!こんなにあるの?と、びっくりです。

なので、「箸を妻楊枝代わりに使う」とか
普通これはしないだろうと思うものは避けましたw


・迷い箸:どの料理にするか迷って、料理の上で箸を動かす

・空箸 :一度料理に箸をつけたのに食べない

・移り箸:一度取った料理をやめて、他の料理を取る

・こじ箸:料理の中を箸で探る

・探り箸:汁物の中を箸で探る

・寄せ箸:手を使わないで、箸で器を引き寄せる

・揃え箸:器の上でばらついた箸先を揃える

・振り箸:箸を振り回して会話に夢中になる

・渡し箸:箸を器の上に置く

・叩き箸:器を箸で叩く

・二人箸:二人同時にひとつの料理を箸で取る

・重ね箸:同じものばかり食べ続ける

・くわえ箸:口に箸をくわえて両手を使う

・込み箸:料理を箸で口に押し込む

・すかし箸:魚の骨をとらないで下の身をとる


いかがですか?
一部だけでもこんなにあります。

こうして並べて読むと、マナー違反だと感じる事もありますが、
ふとした時に、こんな行為をしているかもしれません。

今回は自分を振り返る、良い機会だったのかもしれませんね。


最後に、すでにそうしている方は多いかと思いますが
きれいに見えるお箸の使い方を2つ。


■お箸は両手で取り上げる

右手でお箸を持ち上げて左手を下から添えます。
右手を右端にずらしながら右手をしたから添えて、お箸を持ちます。

左利きの方は、この逆ですね。

女性らしさを感じさせる所作だそうです。


■割り箸の割り方

左右に割るのではなく、上下に割ります。
そして、手の位置はヒザの上。

左右割りは隣の人に当たることもあるので、タブーだそうです。


ザクっと説明しましたが、いかがでしたか?


今回のことは、自分を振り返る良い機会だったのかもしれません。

女性に生まれたからには、きれいに見える方がいいですよね。

頭にしっかり止めておきたいと思います。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


必須アミノ酸は豚の296倍、馬由来のプラセンタ

プラセンタファインエイジングリペアプラセンタEX100
      
→プラセンタファインは贅沢な純度100%の馬プラセンタ→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→アミノ酸300倍の含有量、プラセンタEXを試してみた 

関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加