化粧水

みなさん化粧水を塗る時、手 or コットン、どちらを使いますか?

先日友人とその話になって、みごと2つに分かれました。
(と言っても、2人だったんですが^^;)

私は手で使う派なのですが、友人はコットン派。

前々から気になっていたことなので、ちょっと調べてみました。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

では、それぞれのメリット・デメリットをあげてみます。


■手でつける派のメリット

・手のひらで化粧水が温まって浸透しやすくなる
・肌に直接触るので、肌状態を感じることができる
・肌の様子を見ながら、化粧水の量を調整できる

■コットン派のメリット

・均等に隅々までムラなくつけることができる
・パッティングで血行促進効果がある
・有効成分だけが肌に浸透して、余分な水分だけがコットンに残る

う〜ん、両方いいところがありそうですよね。

ただ、私はコットン派のメリット「余分な水分だけがコットンに残る」と言うことが気になりました。


これは、化粧水を塗ったあと肌がベタベタ感じたことはありませんか?

使用後のコットンには、まだ使えそうなほど水分を含んでいますよね。

でも、それは化粧水が残っているのではなく、
化粧水の構造が、肌に有効成分を浸透させて、余分な水分がコットンに残るようになっているそうなんです。


手は吸収力が弱く、水分が手のひらに残るので、ベタついたように感じるんですって。

私はてっきり化粧水が残っているのだと思って、
もったいない感覚もありましたが、間違いだったようです。

でもそんな事を聞くと、コットンを使った方がいいのかな?と心がゆらぎますね。


では、次にデメリットです。

■手でつける派のデメリット

・顔や指は凸凹があるので、均等につけることができない
・手に有効な成分を吸収されてしまう
・サラサラの化粧水の場合、こぼれてしまう

■コットン派のデメリット

・コットンの繊維が角質を傷つける
・パッティングは肌に刺激を与えすぎる
・コットンにたっぷり含ませないといけないので、使用量が多くなる


どちらも正解のようで、どちらも納得できるのですが、どう思いますか?

化粧品メーカーさんは、大抵コットンを勧めるのではないかと思います。
カウンターで説明してくれる時、ほとんどそう言われているような。。

説明書を見ても、500円玉大をコットンにとって・・・と書いている気がします。

ということは、コットンを使うべきなのかとも思いますが。


でも私はやっぱり、手でつける派かな。。。

なせなら、コットンパックはやさしくね^^と言われても、どうしても力が入ってしまうんですね。

なので刺激とか、コットンで角質が傷つかないかとか気になるし。

たしかに化粧水がこぼれてしまうこともあるし、均等についていないこともあるだろうけど、
やっぱり手のひらで、肌の状態を感じたいかなって思います。

特に夜は化粧水や美容液をつけて、お肌が生き返った〜と満足する事も私にとっての癒しです^^v。

余分な水分だけがコットンに残るってことは、気になりますけどねw


ただ、一方が正解でもう一方が間違いというわけではないと思いますので、
自分のやりやすい方法でするのが1番かもしれませんね。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


【関連記事】
肌の乾燥対策に欠かせない保湿成分
美容業界で注目の成分、フラーレンの効果
若返りの成分で大注目、プロテオグリカン配合の化粧品
プラセンタを超えた?肌のハリをアップさせるセラビオとは?


〜半年飲んでお肌ぷるぷる♪効果を実感〜
■プラセンタ100
売上実績No.1! 高濃度プラセンタが初回限定980円で超お得。プラセンタデビューにぴったり♪使用した感想はこちら⇒大ベストセラーのプラセンタ100

■スノーヴァ プレミアムプラセンタ
芸能人御用達、銀座のエステサロン発プレミアムプラセンタでトータルケア!使用した感想はこちら⇒芸能人も飲んでるスノーヴァ プレミアムプラセンタ
■エイジングリペア
アットコスメ 口コミ No.1!セレブな馬プラセンタが返金保証90日、安心して試せます。使用した感想はこちら⇒口コミ高評価のエイジングリペア
■プラセンタファイン
稀少な馬プラセンタが濃厚、プラセンタを100%純末にした贅沢!使用した感想はこちら⇒注目の美容成分もたっぷり配合、プラセンタファイン
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加