プラセンタの美容成分はオールマイティー

アメリカの、スタンレー・コーエン博士がノーベル賞を受賞したEGFは、美容業界でも一躍有名になった成分です。

先日、EGFとFGFをダブルで配合した化粧品を注文したのです。

EGFとFGFってすごいものなんだぁ〜くらいの知識しかなかったので、
前もって調べておいたことをまとめてみました。

臨床実験でも結果がでているEGFとFGFには、驚くパワーが!!!


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
みなさんは、EGFとFGFの違いをご存じですか?

私は名前は知っているけど、ふたつの違いとかを知りませんでした。
とにかく配合されてたらうれしい♪程度しか・・・。


EGFとFGFは、どちらも肌への効果が高い成分ですが、
その違いをひとことで言うと、届く場所が違うのです。


漢字で書くと想像しやすくなります。
EGFは、表皮成長因子、FGFは、繊維芽細胞成長因子のことなんですね。

肌は、上から表皮・真皮・皮下組織の3重構造になっています。

EGFは表皮を成長させる・・・
つまり、ターンオーバーを整える働きをしてくれます。

ターンオーバーが整うということは、
細胞が正常の速度で生まれ変わって、シミやくすみ、保湿・保水力もアップして、キメの整ったきれいな肌になるのです。


ではFGFはというと、繊維芽細胞を成長させる・・・

繊維芽細胞というのは、真皮にある成分です。
真皮には他に、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸があるのですが、年齢と共に減ってしまうんですね。

若い時は減っても再生するチカラがあるのですが、悲しいことにだんだん再生する速度がおそくなって、肌の弾力がなくなってきます。

そこでFGFの出番です!

繊維芽細胞は、何を隠そう、
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産みの親!

繊維芽細胞とコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の関係は、こちらの記事を参考にしてくださいね♪
  ↓   ↓
プラセンタの美肌効果

なので繊維芽細胞が活発になると
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が再生されて、お肌はぷるぷる♪


EGFとFGFを同時に摂ると・・・

ねっ?すごいことになりそうでしょ?


なので、お試しを使うのが楽しみなんですよ((´∀`))

5日間のお試しなので、じっくり使ってみます。
また報告しますので、また見に来てくださいね。


ちなみに、プラセンタにも成長因子がたっぷり入っています♪

と、私の好きなプラセンタをアピールしてみましたw


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


【関連記事】
・プラセンタの美容成分はオールマイティー
若返りの成分で大注目、プロテオグリカン配合の化粧品
EGFとFGFの同時使用でたるみ引き締め☆セルビック
Wのエイジングケア、セルビックのEGF・FGFで真の美肌に
プラセンタの美肌効果
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加