よく噛むと若返りホルモンが増える

前回もよく噛むことをおすすめしましたが、よく噛むことのメリットはまだありしたよ〜。

ほうれい線を作りたくなければ噛む。とにかく噛む。←メリットの1つはこれです。

もうひとつのメリットは、
よく噛む = 唾液が分泌します。

唾液は消化をよくしたり、糖や脂質を分解したり、抗菌作用・抗酸化作用などの働きをします。

その中に、老化を防止する、若返りのホルモンも含まれているのです。



ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン

若返りホルモンはパロチンといって、成長ホルモンの一種で、若々しさを保つ働きをしています。

パロチンの分泌が活発だと、筋肉・内臓・骨・歯などの生育・発育が盛んになり、若さを保ちます。

ただパロチンは、20代半ばくらいまでがピークで、だんだん減少していきます。

これも老化なんでしょうね・・・。

なので積極的にパロチンを増やさなくてはいけません。

それが、「よく噛む」ことです。

よく噛んで唾液の分泌を高めれば、若返りのホルモンは元気に働いてくれるのです。

また、唾液が少なければドライマウスなり、口臭の原因にもなります。

よく噛んで、よく噛んで、筋肉鍛えて唾液を分泌させることが、若さを保つことになるようです。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフィフ管理人おすすめプラセンタです

スノーヴァプラセンタエイジングリペアプラセンタ100
      
→芸能人御用達、スノーヴァプレミアムプラセンタを試してみた→セレブな馬プラセンタ、エイジングリペアを試してみた
→上No.1!伝説のプラセンタ、プラセンタ100を試してみた 
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加