ハロウィンの由来、意外な日本行事との共通点

もうすぐ10月31日、ハロウィンです。
みなさんはハロウィンパーティへ行かれたりしますか?

仮装なんかがあるせいか、なんとなく楽しい気分になれる、
一種のクリスマスのような楽しさがハロウィンにはありますね。

アメリカでもクリスマスに次ぐイベントになっているそうで、アメリカ人の約半分の人がお祝いをするそうです。

日本でもカボチャの形をした容器に入ったお菓子が売り出されたり、
アメリカのイベントとはいえ、毎年盛り上がりを見せています。

ところで、ハロウィンっていったいなんなんだろうって考えた事はありませんか?

気になってちょっと調べてみたら、おもしろい事実がたくさんあってびっくりしました。
ハロウィンについて、少しお話をさせてくださいね。


ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン


ハロウィンは、亡くなった家族や知人・友人達を尊び偲ぶ日の前夜祭のことです。
もともと2000年以上前のケルト人の宗教行事だったのが、後にキリスト教に取り入れられたそうです。

大人から子供まで楽しめるイベントになっていますが、実は日本にも同じ意味の行事があるのですよ。

ちょっと強引かもしれませんが、その行事とは「お盆」。

日本のお盆はご先祖様や亡くなった人たちの霊を祀る行事です。
そして、迎え火や送り火があり、提灯が灯されたりします。

ハロウィンでもカボチャに顔を掘った提灯に火が入れられます。
ね、お盆と似ていると思いませんか?

ただ、仮装をした子供達が近所の家の玄関をたたき、お菓子をもらい歩くというアクションが、子供目線で見るといいな〜、楽しそうだな〜って思ってしまうところですね。

大人から見ても楽しそうですものね。カボチャで作った提灯も、ジャック・オ・ランタンと言うそうですが、すごくかわいいです。日本の提灯とはちょっと違うなって・・・。(ご先祖様、ゴメンナサイ)

隣の芝生は青く見えるではないですが、外国の行事ってなんかオシャレに感じられてうらやましいなって思いますね。

ちなみにおばけカボチャの由来はこんな感じです。
昔ジャックという意地の悪い男が悪魔と駆け引きをして騙したために、自分の死後、天国にも地獄にも行くことが出来ませんでした。
そしてジャックは道しるべとして明かりを灯したカブを持たされ、あの世とこの世を行き来してさまよい歩け続ける羽目になりました。
そんな話しから、ジャック・オ・ランタンと呼ばれ、呪われさまよう霊魂の代名詞になったようです。

日本のお盆は悪霊とはまったく別の、私たちを守ってくれる霊ですが、もしかしたらもっと深い言い伝えなどがあるかもしれませんね。

この情報は、ハロウィン・ジャパン・インフォというサイトを参考にさせていただきました。
ハロウィンについてもっと詳しく知りたい方は、そちらのサイトをご覧下さい。
検索して見つけたのですが、すごいサイトですよ。
そのサイトはこちら→ハロウィン・ジャパン・インフォ(HJI)

今年ハロウィンパーティへ出掛ける人は、思いっきり楽しんできてくださいね。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加