かづきれいこメイク力

かづきれいこさんは、私がアンチエイジングについて考えるきっかけになった方です。

10年以上前のことですが、テレビにかづきれいこさんが出演されていました。
その時に、カットしたスポンジを使ってササっと顔をさわっただけで、モデルさんの顔が驚くほど変わったのです。

あの時の衝撃は、今でも忘れられません。

毛元も口角もキュっと上がって、肌までが明るく見えました。
コンパクトを手に持っていたとしたら、これこそひみつのアッコちゃんです。

その頃はもちろんアラフォー・アラフィフなんて言葉もなく、エイジングケアを積極的に取り上げている番組や雑誌は、それほど多くなかったのです。
最近顔がたるんできたかなぁ。そんな風に感じだしていた私は、速攻本屋さんへ。そして「かづきれいこ メイク力」という本を購入しました。

先日本を整理している時に見つけたのですが、アンチエイジング!と騒いでいる今、この本の存在はすっかり忘れていました。読み直してみると「なるほど〜」と思えることが書かれていました。

ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
かづきれいこさんは、火傷や傷跡をカバーすると同時に、心のケアもおこなった「リハビリメイク」の第一人者です。

以前はご自身も冬になると真っ赤な顔になっていたそうです。大人になって心臓の病気が原因とわかり手術をして完治したのですが、それをきっかけにメイクの道を歩むことになりました。

メイク力という言葉には、かづきれいこさんの思いがこもっています。
流行のメイクではなくて、自分を元気にするため、自分が若々しくいられるためのメイクが、かずきれいこさん流のメイクです。

以下、公式ページからの引用です。

顔と心と体」はつながっていると思いませんか?まわりから見たら昨日と変わらなくても、自分が気に入らなければその日一日の気分は最悪ですよね。悲しいことに、年齢を重ねるごとに『今日はキレイ』の日は減ってきます。そこで、すべての女性が毎日「キレイ!」と言えるように「今日もがんばろう!」って思えるようにメイクの力(ちから)を借りて、自分の顔を好きになって欲しいのです。女の人にとって、自分の顔を好きでいることって、心の健康のためにすごく大事だと思います。


公式サイトはこちら→REIKO KADUKI公式サイト

お出掛け前にメイクがバチっと決まると、ウキウキして出掛けることができます。気持ちが明るくなれば自信が持てて、楽しく過ごせますよって教えてくれているのですね。

それに、かづきれいこさんのメイクは、決して厚塗りでごまかすのではありません。すごくナチュラルなのに、パッと顔が華やかに見える、キュっと顔が上がる、そんなメイクです。

顔を立体的にとらえて影をうまく利用したメイクは、魔法のメイクのように見えます。

しばらく忘れていた「かづきれいこ メイク力」。もう一度、読んでみることにします。

【詳細】
▽肌の悩みをカバーし、あなた本来の魅力を引き出す法則かづきれいこの美肌をつくるメイクの法則

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓    ↓
 アラフィフ突入につきランキングボタン
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加