ニキビは二十歳過ぎたら吹き出物
このエントリーをはてなブックマークに追加

二十歳を過ぎたらニキビとは言わないのでしょうか?

そんなことはありません。18歳でも30歳でも40歳でもニキビはニキビです。
ただ、ニキビができる原因が違うので、そんなふうに言われているのかもしれません。

どちらも毛穴に皮脂が詰ったのが原因ですが、大きな違いは10代のニキビは新陳代謝が高く皮脂が毛穴に詰まり、20歳を過ぎてできるニキビは、新陳代謝が悪くなったために毛穴に詰まってできるものです。
ですので若い時と同じお手入れ方法では、ニキビは一向に改善されません。

ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓  ↓
 
人気ブログランキングへ
10代の頃は思春期ニキビと言われるもので、ホルモンのバランスの変化でできてしまいます。皮脂の過剰な分泌によって毛穴に皮脂が詰まって発生しやすくなるものです。

対して20代以降は大人ニキビと言われ、ストレスや睡眠不足、運動不足や偏った食事でターンオーバーがうまくいかず、角質層が厚くなって毛穴が詰まりやすくなるのが原因でできるニキビです。

なので、大人ニキビはある日突然できることがあります。
「今までできなかったのに、急にニキビができるようになった」という人が多いのです。
これは生活習慣の乱れで体内のバランスを崩した時に、肌のバランスまで崩れてしまい、ニキビとなって現れるからです。

また、必ずしもオイリー肌だからできるというものでもありません。
大人ニキビはあごの部分にできやすい傾向にありますが、頬などの乾燥した部分にしかできない場合もあります。

このように、思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビの原因が違うので、当然ニキビのケア方法も変わってきます。
それを知らずに10代の頃と同じケアを続けていると、お肌はボロボロに。結果は悲惨です。

大人のニキビは大人ニキビ専用の化粧品でケアする必要があります。
でも思春期ニキビの化粧品はたくさんありますが、本当の意味での大人ニキビ用は意外と少ないのが現状です。

過激な洗顔は角質が硬くなってしまうので、余計に毛穴を詰まらせる原因になります。必要以上な洗顔をしない、必要な皮脂や潤いまで奪ってしまう洗顔料は使わない。
油分の多いものを控えて保湿成分をたっぷり与える。ニキビを予防・修復する効果のあるビタミンCが配合されたものを選ぶ。
このあたりをしっかり守ってケアすれば、ニキビができにくい肌へ改善されていきます。

ただし、化粧品だけに頼ってはいけません。
十分な睡眠とバランスの良い食事、規則正しい生活も同時に心がけることも必要です。

【関連記事】
▽ビーグレン ニキビケアシリーズお試しセット

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ランキング参加してます!あなたのポチっで1才若返ります!
  ↓  ↓
 
人気ブログランキングへ
  このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどや最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



☆スポンサードリンク☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加